鳥居紋(とりい)について

建造紋

鳥居

鳥居は神域と属界を隔てる結界としての役割を持ち。信仰的な意義で家紋となった。鳥居氏のように名字にちなんで使用している家もある。紋系は柱の上に渡した笠木の両端が反り返った明神鳥居と、4本の丸太を組み合わせた新宮鳥居がみられる。

使用家
宮崎、位田、鳥居、大久保、宇都宮、朝岡など
使用地域
栃木、和歌山

 鳥居紋一覧-9種

  • :代表家家紋
  • :戦国武将の使用家紋
  • :幕末の偉人の家紋
  • :別名のある家紋
  • :その他
鳥居紋

鳥居

鳥居に垣に巴紋

鳥居に垣に巴

鳥居の上に対い鳩紋

鳥居の上に対い鳩

鳥居の上に対い鳩に石畳紋

鳥居の上に対い鳩に石畳

鳥居に大文字紋

鳥居に大文字

鳥居に竹紋

鳥居に竹

丸に神宮鳥居紋

丸に神宮鳥居

中輪に鳥居紋

中輪に鳥居

糸輪に三組鳥居紋

糸輪に三組鳥居

 鳥居紋関連の家紋-3種

鳥居笹紋

鳥居笹

鳥居鶴の丸紋

鳥居鶴の丸

鳥居に対い鳩紋

鳥居に対い鳩



 SNSで家紋をシェア

家紋特集

さまざまな形の家紋の特集です。



 造形別の家紋

様々な形別に家紋をまとめました。


 その他の家紋

他の家紋にも興味はありませんか?