幣紋(へい)

器物紋

幣

幣とは神道の祭祀で用いる神具で、神への捧げものであり神の依代でもある。手に神を降ろすことから御幣・御手座(みてぐら)とも呼ばれた。ちなみに、神に供える幣帛(へいはく)は布製で、お祓いに用いる御幣は紙製。家紋とされたのは信仰的意義によるものと考えられる。

使用家
穂積、鈴木、亀井、宇井、鵜殿、羽山、蓬莱、古和田、七五三、寺井、恩弊など
使用地域
愛知、和歌山、三重、大阪、兵庫

 幣紋-8種

  • :代表家家紋
  • :戦国武将の使用家紋
  • :幕末の偉人の家紋
  • :別名のある家紋
  • :その他
丸に幣紋

丸に幣

幣紋

神宮弊紋

神宮弊

御祓弊紋

御祓弊

違い幣紋

違い幣

鈴違い幣紋

鈴違い幣

三つ盛り幣紋

三つ盛り幣

祭礼幣帛紋

祭礼幣帛

 幣紋関連の家紋-3種

雲丸に御幣紋

雲丸に御幣

雲に御幣紋

雲に御幣

御幣兜紋

御幣兜



 SNSで家紋をシェア

家紋特集

さまざまな形の家紋の特集です。



 造形別の家紋

様々な形別に家紋をまとめました。


 その他の家紋

他の家紋にも興味はありませんか?