結綿紋(ゆいわた)

器物紋

結綿

結綿は綿(わた)を束ねたもので、神前への供物や婚礼での進物として慶事に用いられた。祝い品であることから瑞祥的な意義により家紋となっと思われる。
江戸時代の歌舞伎役者『瀬川菊之丞』の家紋として有名。
ちなみに、江戸時代の未婚女性の髪の結方も「結綿」と呼ばれた。

使用家
石渡、里見、田井、大橋、佐野、綿貫など
使用地域
関東地方

 結綿紋-8種

  • :代表家家紋
  • :戦国武将の使用家紋
  • :幕末の偉人の家紋
  • :別名のある家紋
  • :その他
結綿紋

結綿

変り結綿紋

変り結綿

紐付き変り結綿紋

紐付き変り結綿

結綿菱紋

結綿菱

二つ結綿紋

二つ結綿

三つ寄せ結綿紋

三つ寄せ結綿

三つ割り結綿紋

三つ割り結綿

細輪に結綿紋

細輪に結綿


 造形別の家紋

様々な形別に家紋をまとめました。


 その他の家紋

他の家紋にも興味はありませんか?




 SNSで家紋をシェア