的紋(まと)

器物紋

的

的は矢や鉄砲の射撃の訓練をする際の標的のこと。家紋となったのは流鏑馬に用いられる正方形の的で、主に名字に「的」や「矢」を含む氏が用いることが多い。また、屋が的に当たることを商売が当たることにかけて、瑞祥的な意義で家紋にした商家もあった。

使用家
的場、的田、的池、矢野、矢吹、矢作、矢口など
使用地域
希少につき特定不可

 的紋-5種

  • :代表家家紋
  • :戦国武将の使用家紋
  • :幕末の偉人の家紋
  • :別名のある家紋
  • :その他
的紋

的に当り矢紋

的に当り矢

丸的に当り矢紋

丸的に当り矢

丸に的紋

丸に的

中輪に的に違い矢紋

中輪に的に違い矢



 SNSで家紋をシェア

家紋特集

さまざまな形の家紋の特集です。



 造形別の家紋

様々な形別に家紋をまとめました。


 その他の家紋

他の家紋にも興味はありませんか?